» 売上伝票のブログ記事

イーサースの事例を紹介します。

今回はハンディターミナルとイーサースを組み合わせたルート営業です。ハンディターミナルとクラウドは直接は通信できないため、中間に専用アプリケーション(以下、中間アプリ)を配置しています。

中間アプリは定期的にイーサースのマスタデータを受信し、ハンディターミナルから送られてきたデータをイーサースに送信しています。ハンディターミナルと中間アプリはBluetoothで接続されます。

シリーズ:es01

ハンディターミナル:ウェルキャット社 メモリタイプハンディ

ハンディプリンタ:東芝TEC社 2インチサーマルプリンタ

<運用フロー>

1.毎朝、ハンディターミナルで中間アプリからマスタを受信する

2.各営業がハンディターミナルとハンディプリンタを持って、ルート営業に出かける

3.得意先にてハンディターミナルにて納品伝票の入力、ハンディプリンタから納品書・受領書の印刷(サーマルレシート用紙)する

4.1日、全得意先を回ったのち、事務所にて中間アプリにデータ転送する

5.自動的に中間アプリがイーサースでデータ転送を行い、イーサースでは売上伝票を納品データを基に自動生成

6.締日にて請求書発行

<導入効果>

・手書き伝票がなくなり、1日でまわれる得意先が増えた

・売上伝票の手入力がなくなり、経理処理が格段に楽になった

・クラウドデータのため、事務所以外からでも売上状況の把握ができるようになった

 

オリジナルカスタマイズが一部あり、商品コードなどのバーコードをイーサースから印刷できるようになっております。また、月に3回の締めがあるため、通常の月締め請求ではなく、オリジナル帳票として月3回の締め請求書に対応しております。

中間アプリはお客様のパソコン上で動作していますが、高スペックなパソコンは必要なく、ネットブックでも十分動作しています。

以上、ハンディターミナルとイーサースを連携した事例でした。